読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオイユウのラノべ活動

ライトノベルの感想や自分の作品の告知を書いていく。

ゴールデンウィークが終わってしまう!!

もうゴールデンウィークも最終日となりましたね。明日からまた学校が始まるかと思うと、憂鬱です。どうもぼちぼちブログを書いてます。アオイユウです。今回紹介するのは見波タクミ先生の作品「できそこないの魔獣錬磨師」です。


《あらすじ紹介》
授かったモンスターの紋章によって優劣が決まる世界。モンスターを従え闘わせる『魔獣錬磨師』の育成学園『ベギオム』に通うレインは学園唯一のスライムトレーナー。周囲の嘲笑も気にせず、相棒のペムペムを信じ、誰よりも努力を重ねていた。そんなレインに固執する学年3位の美少女ドラゴントレーナーのエルニア。紋章と美貌を兼ね備えた完璧な彼女が底辺のレインにこだわるのは、過去の因縁が原因らしいが…!?最弱も最強も関係ない!勝利への執念が定められた運命に逆転劇をもたらす!!


《感想》
できそこないの魔獣錬磨師一巻を読んで、特別な力もないレインが授かった、モンスターの紋章はまさかの、最弱と呼ばれるスライム。スライムを授かってしまったレインは周りから、落ちこぼれと呼ばれる。だか、レインはそんなことを気にせず相棒であるスライムと共に努力をし、『昇華』というモンスターを強くする力を使い、自分たちよりも強いモンスターに勝利してしまう。

《見どころ》
ドラゴントレーナーである 、エルニアがピンチになってしまうシーンがあるんですが、その時にさっと駆けつけてエルニアのピンチを救ってしまう。さすが主人公君!!
その後エルニアとバトンタッチした、レインは相棒のスライムと共に昇華を使いながら戦いますが、途中で切れてしまう。
エルニアは勝機がなくなってしまったと落ち込むが、レインはその絶望の状況でも諦めず相棒のスライムと立ち向かう結果。昇華を二度発動するがそれでも勝てなかったが、レインはさらに三度目の昇華を発動して勝利してしまう。

イラストは 狐印が手掛けおります。
エルニアが腕をバタつかせるシーンは愛らしいです。

以上で、できそこないの魔獣錬磨師一巻の感想、あらすじです。