読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオイユウのラノべ活動

ライトノベルの感想や自分の作品の告知を書いていく。

デート・ア・ライブ1巻のあらすじ、感想

どうも皆様方、アオイユウです。今回紹介させていただくのは橘公司先生の作品「デート・ア・ライブ」1巻です。

 

f:id:y0709143:20170227182253j:image

《あらすじ》

四月一〇日。昨日で春休みが終わり、今日から学校という朝。可愛い妹に起こされ、五河士道は今日もいつも通りの日常が始まると思っていた。精霊と呼ばれる少女と出会うまではー。突然の衝撃波とともに、跡形もなく、無くなった街並み。クレーターになった街の一角の、中心にその少女はいた。「-おまえも、私を殺しに来たんだろう?」世界を殺す災厄、正体不明の怪物と、世界から否定される少女を止める方法は二つ。殱滅か、対話。軍服に身を包んだ妹・琴里は士道に言う。「というわけでデートして、精霊をデレさせなさい!」「は、はあ…ッ!?」新世代ボーイ・ミーツ・ガール、登場。

 

《感想》

デート・ア・ライブ1巻を読んで、《精霊》を保護する機関と精霊を抹殺させる機関があります。

対処法1

武力を持って殲滅せよ!

これは精霊を抹殺する機関の方法で。

対処法2

——デートして、デレさせる

こちらが、精霊を保護する機関の方法です。

ナンデスカ——デートで解決とか。

羨ましいぜ——主人公君。

次にヒロイン紹介といきますかな。

——名はないこと、謎の少女《精霊》

主人公君の義妹、《五川琴音》

精霊を憎むべき敵だと考えてる《鳶一折紙》

一見シリアスな場面ばかりだと思いますが、全体的にそうありませんので楽に読めます。

イラストは、つなこ先生が手がけております。

以上、デート・ア・ライブ1巻あらすじ、感想です。