読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アオイユウのラノべ活動

ライトノベルの感想や自分の作品の告知を書いていく。

ロクでなし魔術師と禁忌教典1巻あらすじ、感想

どうも、このプログを読んでくださる皆様アオイユウです。

今回紹介するのは、第26回ファンタジア大賞“大賞”受賞作品「ロクでなし魔術師と禁忌教典」1巻です。

f:id:y0709143:20160921205812j:image

あらすじ

アルザーノ帝国魔術学院非常勤講師・グレン=レーダスは、自習→居眠りの常習犯。まともに教壇に立ったと思いきや、黒板に教科書を釘で打ち付けたりと、生徒もあきれるロクでなし。そんなグレンに本気でキレた生徒、“教師泣かせ”のシスティーナ=フィーベルから決闘を申し込まれるもー結果は大差でグレンが敗北という残念な幕切れで…。しかし、学院を襲う未曾有のテロ事件に生徒たちが巻き込まれた時、「俺の生徒に手ぇ出してんじゃねえよ」グレンの本領が発揮される!第26回ファンタジア大賞“大賞”受賞の超破天荒新世代学園アクションファンタジー!

 

ストーリー展開はとても分かりやすく。ロクでなしの魔術師グレンが、アルザーノ帝国魔術学院非常勤講師になるが、日頃のロクでなしっぷりがでてしまい。周囲に批判されてしまうが、銀髪少女——システィーナの友人ルミアによって……グレンの講師力が覚醒する。

1巻を読み終えて、この作者の文章力の高さや完成度がすごいです。

またグレンとシスティーナの語り口のセリフには、思わず笑うところもありますが、ワクワクさせてくれるところは盛り上げて、緊迫感を必要とするシーンでは引き締めて、と読んでいる間、夢中になって読んでしまいました。

面白かった。

ただただ、この一言につきます。

アニメ化も決定されて、ますますのご活躍されると思います。

 

イラストは三島くろね先生の挿絵によってシスティーナとルミアの可愛さがよく現れています。

 

以上。ロクでなし魔術師と禁忌教典1巻あらすじ、感想でした。